教育資金の貯め方はキャッシュフローを生み出す資産を保有する

現在、日本のサラリーマンの年収は年々下がり続けているといわれています。
それとは逆に年々教育費は上がり続けているといわれています。

子どもを持つ世帯の多くの方で、心配になることの一つが「教育費をどのように捻出するか」ということです。
雇用の不安定化や景気悪化によ る収入減で、さらに不安な状況が続きそうですが、教育資金を貯めていくことが必要になります。

教育費は子どもが成長するにつれ負担もアップしていきます。
子ども1人が大学を卒業するまでの学校教育費として、幼稚園から大学まで全て公立で約1000万円、すべて私立で約2500万円かかるといわれます。

大学教育資金は、大学に通う子供1人に掛かる1年間の在学費用は平均140.5万円。国公立でも88.9万円となっています。
これに受験から入学までの費用を加えれば、4年間で600万円以上の支出が生じます。

私学教育資金は、中学や高校、場合によっては小学校などから私立に通う場合、最低でも年間100万円は覚悟する必要があります。
また、中学受験の対策には約200万円が掛かるなど、教育費の負担アップが前倒しになる傾向があります。

これらの教育資金がかかる可能性のある家庭においては、やはり早い段階でいくら位がいつまでに必要か確認して、貯める必要があるでしょう。
一般的な家計では、子どもの学費が年間100万円以上かかるようになると貯蓄を取り崩す必要がでてくるともいわれています。


キャッシュフローを生み出す資産を保有する

教育資金の貯め方は、毎月の収入から少しずつ貯めるなどの方法がありますが、収入が下がり続けている状況では、なかなか厳しいのが現状です。

お金を生み出す資産、つまりキャッシュフローをもたらしてくれる資産をできるだけ早いうちから保有し、そういったお金を生み出す資産の保有量を増やし続ける方法があります。
自分の銀行口座に定期的にお金を振り込んでくれる資産の保有量を増やし続けていくのです。
その資産がお金を生み出してくれるということです。
教育資金の準備は早ければ早いほどいいのです。

では、お金を生み出す資産とはどのような資産でしょう
キャッシュフローをもたらしてくれる資産です。

債券(利息)、株式(配当)、REIT(分配金) などの金融資産

賃貸用ワンルームマンションなどの不動産(家賃収入)

そして手軽に始められるネットビジネスからの収入

などが考えられます。

これらのお金を生み出す資産を少しずつ着実に増やしていくことでお金がお金を生み複利の力を見方につけることが教育資金や住宅資金そして老後資金をより多く貯めることのできる方法のひとつではないでしょうか。
時間が経過すればするほど、蓄積された資産がお金を生み出し続けてくれるので、普段の生活資金・教育資金そして老後生活の資金にも少し余裕がでてくるのではないでしょうか。


実はこの株式投資法の方が儲かってたりしますが。
>>安定的な収益を実現する個人投資家向けの手法<<

posted by FUND at 16:58 | 教育資金の貯め方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。